アラサー男子のユトライフ~”ゆとり”ある人生を目指して~

平凡なアラサー男子が日常の中に潜む"ゆとり"に関連する事柄を綴るブログです^ ^

植物油脂って危険なの?~様々な食品に潜む現代文明の副作用~

 

こんにちは^ ^

ユーライです。

 

こちらの記事では、アイスはアイスでも乳成分の含有量によって種類分けされていることをお伝えしました!

 

www.yutorilife276.com

 

 

この記事を書いてからというもの、筆者はアイスミルクを中心に、自分へのご褒美の日にアイスクリームを食べてます^ ^

(ご褒美の日が来る頻度は高めではありますが笑)

 

基本的には、アイスミルクには植物油脂が含まれておらず、ラクトアイスには植物油脂が含まれています。

なお、ラクトアイスに限らず様々な食品に植物油脂は含まれています。

 

この植物油脂は、なぜ食品に潜んでいるのか、身体にはいいのか悪いのかということを見ていきたいと思います。

 

え、油が身体に悪かったら揚げ物とか食べれないじゃないか(°_°)

 

って思ってしまいますよね。

f:id:yutorilife276:20181022210137j:image

果たして、本当に植物油脂は身体に悪いのでしょうか?

 

 

 

 

まず油と油脂の違いについて説明します。

 

油と油脂の違い

油とは

常温で液体のものを指します。

一般的に揚げ物などに使われる油は、こちらに該当します。

 

油脂とは

油脂とは、固形のものを指します。

油脂の正体は、脂肪酸とグリセリンの化合物です。

 

これは意外とシンプルな分け方ですよね^ ^

それでは、植物油と植物油脂の違いについて見ていきましょう。

 

植物油と植物油脂って違うの? 

植物油とは

植物の種や果肉を絞った油を指します。

種類によっては中性脂肪を下げ、善玉コレステロールを上げ、血管のつまりを改善します。

植物油は、身体にとっていいものなのです。

植物油脂とは

植物油脂は、植物油を含んでいるのですが、植物油に別の成分を加えて作った油を指します。

※商品表示の際に油も油脂もひっくるめて油脂とする場合もあるため、非常に判別がつきにくいです。

 

そのため、揚げ物に使われるものは油であり、植物油脂とはまた別です。

 

そのため、揚げ物と植物油脂というのは関連性はありません。

揚げ物好きの方は少し安心したのではないでしょうか^^

 

しかし、油の種類によっては、身体によくありませんので、揚げ物の食べすぎには注意が必要ですよ!

 

植物油脂に含まれる別の成分って何?

植物油脂は、植物油に別の成分を加えてできたものとお伝えしました。

いったいその正体とはなんなのでしょうか。

 

その正体が『トランス脂肪酸』!!

 

植物油脂には、身体に余計で、悪影響を及ぼすと言われている『トランス脂肪酸』が付け加えられているのです。

 

この『トランス脂肪酸』のせいで、消化吸収がうまく行われなくなってしまうのです。

 

そのため、『トランス脂肪酸』を含む食品を摂取すると、体の中に残ってしまう可能性があります。

 

 

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸って何?

トランス脂肪酸とは、脂肪酸の中の不飽和脂肪酸と呼ばれるものの一種です。

※脂肪酸は、人間の細胞を作るのに必要なもののため、バランスよく摂取する必要があります。


そのため、脂肪酸自体が悪者という訳ではないのです。

しかし、トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸という種類で、この種類の脂肪酸は身体に悪影響をもたらします。

 

どこに存在しているの?

自然発生的に食品中に含まれているものと、油脂を加工・精製する工程でできるものがあります。

・トランス脂肪酸を含んでいる天然の食品

牛乳などの乳製品や牛乳

(微量ではありますが、自然発生的に含まれるのです。)

・油脂を加工・精製する工程がある加工食品

・マーガリンやショートニングなどの硬化油

・ファーストフードで作られる食品

・ケーキやドーナッツなどの洋菓子や揚げ物

・ラクトアイスと呼ばれるアイスの一種

・市販のチョコレート

 

植物油脂は危険なの?

『トランス脂肪酸』は、身体の消化吸収を悪くします。

例)マーガリン

「プラスチックを人体に入れていることと同じである」

 

とも表現されることを今までにも聞いたこともあるかもしれません。

それほど身体に大きな負担をかけているのです。

 

また、身体の消化吸収を悪くするだけではありません。

トランス脂肪酸を摂取することにより、悪玉コレステロールが増えてしまいます。

その一方で、善玉コレステロールが減ってしまいます。

 

そうなると、血管が詰まってしまい、動脈硬化や心臓病のリスクを高めます。

 

また、海外の研究によると、『トランス脂肪酸』を多く含む食品を摂取することで、アトピーなどのアレルギーを悪化させる疑いがあると言われています。

 

 

身体に悪影響を及ぼす『トランス脂肪酸』

『トランス脂肪酸』を含んでいる植物油脂は、、

身体に良いか悪いかは分かりますよね。

 

植物油脂は、身体にとって良くなく、できる限り摂取は控えたほうが望ましいです。

 

まとめ

植物油脂は、植物油に別の成分を加えたものです。

その成分が、『トランス脂肪酸』

 

『トランス脂肪酸』は、脂肪酸の一種の不飽和脂肪酸です。

脂肪酸は人間の細胞を作るのに必要なものであるため、バランスよく摂取する必要があります。

 

しかし、不飽和脂肪酸は、人間に必要のないもののため、できるだけ摂取を少なくすることが望ましいのです。

 

『トランス脂肪酸』は、身体の消化吸収を悪くするだけでなく、コレステロール値を高め、血管を詰まらせ、動脈硬化や心臓病のリスクを高めます。

 

そんな身体に悪い『トランス脂肪酸』という成分を含んだものが植物油脂なのです。

植物油脂は、身体に悪いかはお分かりですよね。

 


いかがでしょうか。

 

今回お伝えした内容を含めて、前回記事でお伝えした、アイスの種類について再度読んでいただきたいです^ ^

 

どの種類のアイスを食べるのが望ましいかはっきりするかと思います。

 

暑い時期の健康管理のためにも、日常生活にある身近なものから

 

「本当にこれは健康にいいのか?」

 

「どんな成分が入ってるんだろう?」

 

「植物油脂が入ってるものは避けよう。」

 

など、少しでも意識するだけでも健康管理の結果も変わってくるのではないでしょうか。

  

ちなみに、筆者が最近ハマってたチロルチョコの新作!

 

『セブンカフェ』

 

午後からの仕事のお供にしてたのですが、、

 ふと原材料に目をやると植物油脂がトップにきてました。。笑

 

うーん、、この現代には欠かせないものなのかなと少し考えが甘くなってしまいそうでした。笑