アラサー男子のユトライフ~”ゆとり”ある人生を目指して~

平凡なアラサー男子が日常の中に潜む"ゆとり"に関連する事柄を綴るブログです^ ^

【Sポイント】すごいポイント、Sポイントが今熱い!!~セブンイレブンとの提携~

 

こんにちは^ ^

ユーライです。

 

 

 

 

はじめに

皆様は、今までこんな場面に出くわしたことはありませんか?

  

ショッピングモールなどで、買い物にてのレジ清算時 

店員「お買い上げありがとうございます。当店のポイントカードはございますか?」

 

筆者「あります。あ、今回の会計でポイント使ってください。」

 

筆者、店員さんにポイントカードを渡す。
(このお店、久しぶりに来たけど、頻繁に買っていたから結構たまっているだろう^ ^)

 

店員「お客様、大変申し訳ありません。お持ちのポイントカードなのですが、有効期限が切れています。」

 

筆者「・・・。あー、それでしたら大丈夫ですよ。」

 

なんて平静を装っていましたが、内心は

(うわ、期限切れになる前に使っておけばよかった。。)

という後悔で数分引きずりました。

 

実は今回のような件は、1回ではなく、他の店でも何度かやってしまってたんです。

 

財布の中はカードでパンパンになるし、有効期限を確認するのも手間だな。。

と思う気持ちが強くなり、

 

いつの日かポイントカードを作らなくなりました。

 

筆者と同じ境遇でポイントカードを作らなくなった人は多いのではないでしょうか?


そして、月日が流れ、ポイントカードに馴染みのない生活にも慣れたときのことです。

 

ふと街中にある広告が目に入りました。

『様々なシーンで使えるSポイントカード!!』


(何年か前の記憶なので、こんなキャッチかどうかは定かではありません。笑)

 
筆者は「これだこれだ!」と思って即座に発行しました。

 
それが、阪急阪神グループが発行する

「Sポイントカード」

 

Sポイントカード

Sポイントとは

f:id:yutorilife276:20181027133609j:image

阪急阪神グループが提供する、関西エリアで様々な場面で使えるポイントカードを指します。

このサービス、2016年よりサービス開始しました。

意外とまだ最近なんですね!

  

「Sポイント」名前の由来

Shopping(お買い物)

Station(駅)

Sightseeing(観光)

Stay(宿泊)

Spa(温泉)

Site(ネットショッピング)

など、生活の中の多彩な

Scene(場面)

で貯めて使える

Special(特別)

なポイントである点に由来しています。

 

こうみたらめっちゃ頭文字Sがつきますね。笑

 

これらの英単語の頭文字の「S」を取って「Sポイント」と名付けられました。

他のポイントカードとの違い

鉄道、百貨店、スーパー、ショッピングセンター、劇場、ホテルなど、これまでバラバラだった各カードのポイントを共通化させました。

 

これまでの従来のポイントカードは、それぞれの店舗でしかポイントを貯めたり、使うことができませんでした。

しかし、Sポイントカードでは、様々な店舗にてポイントを貯めたり、使うことができます。

そのため、ポイントが貯めやすく、使える幅も拡がりました。

 

阪急阪神グループという、様々な業界にて経営の手を広げている大企業だからこそできる方法ですよね!

一つのポイントカードが様々なお店において利用できることで、複数のカードを持つ煩わしさを解消してくれ、ポイントカードの管理を楽にしてくれます(^^♪

Sポイントが利用できるシーン

Sポイントの対象カードは、現金や商品券、クレジットカード、電子マネーなど、さまざまな決済手段に対応しています。


買い物やお食事などの際、Sポイントの対象カードの利用、あるいは提示によりSポイントが貯まります。

 

Sポイントが使える場所

阪急阪神グループ

阪神・阪急百貨店、阪急メンズ館、阪急オアシスなどの阪急阪神グループ。

代表的な優待店

グランフロント大阪・ディアモール・イーマ・Nu茶屋町などの商業施設を始め、

イズミヤ・セブンイレブン・ブックファースト(一部店舗)

 

などなど!!

4,700店舗以上で利用が可能です!!

 

Sポイントが今熱い理由

f:id:yutorilife276:20181027133439j:image

セブン&アイホールディングスと提携!!

2018年5月14日より!

関西エリアの約2,700店のセブンイレブンでSポイントが使えるようになりました。


これは、大きなポイント利用の拡がりですよね!!

 

セブンイレブンでは、今まで電子マネーやクレジットカードにての支払いに対してポイントを付けることはしてました。

しかし、現金に対してポイントをつけるというのは、Sポイントカードが初めてのことです。

さすがは、阪急阪神グループのブランド力ですよね。

 

Sポイントカードを税抜き200円につき、1ポイント貯めることができます。

 

セブンイレブンは、筆者が現在最も好きなコンビニのため、個人的にも非常に嬉しいニュースです!!

 

筆者がセブンイレブンを好むの理由については、また別のところでお伝えさせていただきますね^ ^

 

また、Sポイントカードが今熱いのは、セブンイレブンだけではないのです。

グランフロントにてSポイントが利用可能!!

また、関西では、敵知らずの!

ショッピングモール界のエースであるグランフロントでもポイントを貯めたり、使えるようになりました!!


さすがは、関西を牛耳っている阪急阪神グループですよね!

 

日常で買い物をするにしても、服を買いに行く時でも、Sポイントカードが使える!!

 

持っておかない手はないですよね\(^^)/

 

持っていない人は早速発行しましょう!!

 

筆者おススメのSポイントカード

筆者は、阪急阪神おでかけカードを保有して、ポイントを貯めたり使ったりしています。

阪神阪急おでかけカード

入会金・年会費無料のポイントカード

カード取扱店で即時発行できます!

もちろん、無料です!!

 

また、交通系電子マネーとしてピタパを持っています。

ピタパ

主に電車やバスなどの交通機関で利用できる交通系電子マネーカード。

面倒なチャージが不要で、代金は後払いとなります。

また、発行時に手続きすれば、クレジットカードとしても使えます。

 

新情報!!

2018年秋からJR西日本の近畿圏エリアでは、ピタパの事前チャージが不要となります!!

 

チャージするのは地味に面倒くさく、乗車までの時間も省けるので、嬉しいニュースですよね^ ^

  

関西の人にはなじみがあるピタパですが、ピタパにもSポイントがついています。

電車に乗る際に切符を買わなくても乗車できてポイントもつくのは便利ですよね^ ^

 

また、最近は飲食店やコンビニでも電子マネーでの支払いが可能です。 

その際、ピタパで会計して、Sポイントをつけることも可能です。

 

ただ、ピタパにて支払いをする際にポイントをつけてもらうには

 

筆者「ポイントをつけてください。」

店員「かしこまりました。」

 

と店員さんに申告する必要があります。


(気の利く店員さんの場合、店員さんから言ってくださる場合もあります。)

(しかし、筆者の体験では、だいたいポイントが付けられずスルーされてしまいます。)

 

ついつい申告するのを忘れてしまい、Sポイントの付与をしそびれてしまいます。。


少しのポイント付与ではありますが、

しまった!!

と思ってしまうことが多いです。

 

なんだか損した気分になりますよね>_<

  

また、

「ポイントを付けてください。」

と言うのがわずらわしいと感じる時があります。

(たった一言言うだけなのですが、毎回言うのは面倒だなと思ってしまいます。。笑)

 

店員さんによって反応が違う場合もあって、わずか数ターンのやりとりなのですが、もういいやってなってしまったりもします。


そのため、

筆者が取っている方法は…

 

Sポイント専用カードを1つ作る!!

筆者は、阪急阪神おでかけカードをSポイントを貯める・使う専用カードとして持っています。

  

そうすると、、

例)電子マネーで支払う場合

ピタパ阪急阪神カードを同時に出すのです。

そうすれば、ピタパによって電子マネーでの支払いがすまされ、阪急阪神カードでポイントの付与も同時にしてくれます。

 

(単純なことなのですが、日常ではこういう些細なところの省略が煩わしさを解消してくれると思います。)

 

まとめ

関西にて様々な場所で使用できる非常に便利なSポイントカード。

 

2018年には、、

セブンイレブン

グランフロント

 

でポイントを利用できるようになるなど、使える幅が更に広がりました!

 

筆者は、  

①電車を乗る際は、交通系電子マネーであるピタパ

②食事や買い物では、阪急阪神おでかけカード

 

使い分けています!

 

関西にお住みの方は、これを機にSポイントを付与・使用する専用ポイントカードを作ってみてはいかがですか?\(^^)/

 

日常生活でポイントが自然と貯まっていくと、嬉しいですよね^ ^