アラサー男子のユトライフ~”ゆとり”人生を目指して~

平凡なアラサー男子が日常の中に潜む"ゆとり"に関連する事柄を綴るブログです^ ^

【健康志向の人は必見!!】アイスは全てアイスクリームではない!種類や成分によっては身体に悪いものが含まれている!!

 

どーも^ ^
ユーライです!\(^o^)/
@yutorilife276) 

 

 

 

 

はじめに

みんなが大好きなアイス!\(^o^)/

暑い時にはもちろんのこと、寒い季節にでもついつい食べてしまうことはありませんか?

真夏などの暑い日には、ついつい何個もアイスを食べてしまうことがあります。笑

f:id:yutorilife276:20180724080723j:image

近くのスーパーでアイスをまとめ買いし、1日何本も食べてまう癖を治さないと太ってしますよね笑

 

しかし!!

筆者も大好きなアイスに隠された秘密があったのです!( ゚Д゚)

 

ある日のこと、いつものようにアイスをまとめ買いしようと、近所のスーパーを訪れました。

何気なく、商品のパッケージの裏側を見たときに、ふとした発見がありました。 

 

、、商品名にアイスクリームと書かれていないものがあることを!!!(°_°)

 

そう、アイスと言っても数種類のものがあるんです!

 

皆様知ってましたか?!

当たり前だろと思っている方はすみません。笑

 

ここで色々と調べてみたところ、、

 

アイスの種類・分類

アイスクリーム

 

アイスミルク

 

ラクトアイス

 

氷菓

 

4種類の分類に分けられるみたいです。

(注意点)

氷菓については、アイスクリームという分類には入らないみたいです。

 

では、そもそも

一般的にアイスクリームと言われるものとは! 

アイスクリームの分類のされ方

乳固形分

乳製品の中の水分以外の部分を指す

乳脂肪分

乳固形分に含まれる脂肪を指す

(バターやクリームになる成分)

 

この2つの成分によって分類されます。

 

それでは、アイスクリームの分類ごとの名称を見ていきましょう!  

 

アイスクリーム

乳固形分と乳脂肪分が最も含まれている。

 

乳固形分:15%以上

そのうち乳脂肪分:8%以上

 

そのため、アイスクリームという名の通り、ミルクの風味が感じられます。

 

代表商品

①PARCO

ミルクの風味が存分に感じられ、筆者もイチオシのアイスクリームです^ ^

②ハーゲンダッツ

ハーゲンダッツは言わずも知れた高級アイスの代名詞

 

筆者は、ボーナスが出たときなどの特別なご褒美でしか買いません! 

いや、買えないというのが事実です。。笑

 

アイスミルク

乳固形分:10%以上

そのうち乳脂肪分:3%以上

 

乳固形分、乳脂肪分が少なくなるため、アイスクリームほどのミルク感は強くなくなります。

 

代表商品

①ジャイアントコーン

江崎グリコ ジャイアントコーン 140ml×20箱 【冷凍】(1ケース)

江崎グリコ ジャイアントコーン 140ml×20箱 【冷凍】(1ケース)

 

 

グリコが誇る幅広い世代に愛されるアイスですよね。

筆者もアイス選びに困ったときによく頼ってます。 

②ビスケットサンド

森永 ビスケットサンド 24入

森永 ビスケットサンド 24入

 

筆者がこよなく愛するアイスです^ ^

アイスクリームかなと思うミルク感のため、アイスミルクというのが意外でした。

 

最近スーパーでもコンビニでもあまり見かけなくなって非常に残念です。

 

見つけた方はぜひ一度ご賞味あれ^ ^ 

 

ラクトアイス

乳固形分:3%以上

植物油脂が使われることがあります。

 

この『植物油脂』が厄介のため、健康を意識している方は要注意です。

植物油脂には、身体に良くないトランス脂肪酸と呼ばれるものを含んでいるのです。

 

代表商品

①スーパーカップ

子どものころはよく食べてたアイスです。

確かに改めて考えると、ミルク感の強さは感じれない気がします。

②クーリッシュ

ロッテ クーリッシュ バニラ 140ml×24個 【冷凍】(1ケース)

ロッテ クーリッシュ バニラ 140ml×24個 【冷凍】(1ケース)

 

 

携帯もできて、歩きながら食べれる夏の強力なお供ですよね。

 

氷菓

乳固形分はほとんどなく、果汁などを凍らせたアイスキャンデーやかき氷などがこれに該当します。

 

代表商品

①ガリガリ君

赤城乳業 ガリガリ君ソーダ 110ml×31本

赤城乳業 ガリガリ君ソーダ 110ml×31本

 

 

こんな暑いときにはガリガリ君ですよね!

急いで食べてしまうと、頭がキーンとするのでご注意ください。笑

 

以上、アイスの種類について触れてみました。

アイスが何種類にも分けられるように、一口にアイスクリームと言っても様々な種類があります。

その中でも今回はラクトアイスというアイスの種類に注目したいと思います!

 

ラクトアイスに潜む健康への危険性

ラクトアイスには乳固形分の割合が少ないのは、上記のパーセントにて確認していただけたかと思います。

 

乳成分が少ない分、その代わりにミルク感をアイスに出させるために、代用成分として植物油脂を使用しているんです。


植物油脂には悪玉コレステロールを増加させる原因となるトランス脂肪酸が付け加えられています。

そのため、身体にはよくないと言われています。


健康診断にてコレステロール値が引っかかっている方や妊婦の方は食べるのを控えた方が良いでしょう!!

植物油脂やトランス脂肪酸については、こちらの記事でお伝えしてるので、良かったら見てください^^
www.yutorilife276.com

 

カロリーが高い順

アイスクリーム>アイスミルク>ラクトアイス>氷菓


乳固形分や乳脂肪分が多く含まれているほど、カロリーは高くなります。

そのため、健康を意識される方は、カロリーが高いアイスクリームは意識的に控えるのが望ましいでしょう!

アイスクリームは、乳成分が多く含まれており、あのクリーミーさを手放すのはなかなか至難の技だと思いますが。。笑

 

身体にいいアイスクリームとは

先ほどお伝えしたとおり、ラクトアイスとは乳脂肪分が少ないアイスとなります。

乳脂肪分の代わりに、植物油脂甘味料などでミルク本来の甘味に似た風味を出しています!

そのため、健康のことを考えるとラクトアイスは避けた方が望ましいのではないでしょうか。( ゚Д゚)

 

もちろん、ラクトアイスを食べたからと言ってすぐに健康に悪い影響が出るとは考えにくいですが。

 

それでは、身体に良いアイスとはどれかということを考えるとどれになるでしょうか?

アイスクリームは、カロリーが高いため身体に良いとは言い難いかもしれません。

 

そうなると、、、

・カロリーが一定抑えれており、植物油脂も含まれていないアイスミルク

・果汁が中心となる氷菓

 

が身体に良いアイスと言えるのではないでしょうか?\(^o^)/

アイスクリームは暑い時期には欠かせない存在ではないでしょうか?

だからこそ、少しでも健康への影響を意識したいところですよね!(^^♪

 

☆まとめ☆

アイスクリーム

カロリーは特に気にせず、ミルク感を存分に堪能したい方はどうぞ!

 

アイスミルク

健康に気をつかっているが、ミルク感を味わいたい方におススメです!


ラクトアイス

乳成分の代わりに、植物油脂が含まれています。

健康を意識するのであれば、避けておきたいところです!


氷菓

夏の暑い時期に食べたいところですよね!

氷菓を食べていると夏が来たな!!って感じが毎回します\(^o^)/

 

いかがでしょうか。


筆者も今まで意識したことのなかったアイスクリームの種類について、今後意識したいと思います。

健康に気をつけられている方は、購入する前に商品のパッケージの裏側を見て、商品名を一度確認するのがいいかもしれませんね!

 

アイスクリームのミルク感に負けてしまい、摂取カロリーが増えてしまうのは止められそうにないですが・・・笑

  

筆者のように自分に甘い方は、PARCOをぜひご賞味ください^ ^

ミルク感が非常に強く、アイスクリームという感じが伝わってきます!!

 

なおかつ、お値段もリーズナブルであるため、箱買いをして

 

●「今日は頑張った!!」と自分で褒めたくなるような日

● 仕事などで嫌なことがあった日

 

にぜひ食べてみてください^ ^

明日も頑張ろうと少し思えます!!笑

 

筆者の場合、そうなると食べる頻度がほぼ毎日になってしまいますが。笑

日常の中に少しでも楽しみなことがあると、"ゆとり"ができて、明日も頑張ろうと思えると思います。

 

皆様も健康に気を配りながら、お気に入りのアイスを見つけることを意識してみてはいかがでしょうか!\(^^)/