アラサー男子のユトライフ~”ゆとり”ある人生を目指して~

平凡なアラサー男子が日常の中に潜む"ゆとり"に関連する事柄を綴るブログです^ ^

【肌に優しい髭剃り方法】~髭剃りで肌痛めていませんか?~

 

こんばんは ^^

ユーライです。 

 

今回は、男性の皆様にとっては馴染み深いお話です。

それは、髭剃りについてです。

男性の皆様にとって一番身近であるスキンケアは、髭剃りではないでしょうか?

 

皆様はきちんと正しい髭剃りをできているでしょうか!?

 

もし、誤った髭剃り方法をしていると、、

肌を痛めてしまい、肌荒れの原因となってしまいます。

 

逆に、肌がきれいだと、若く見られたり、清潔感が増します^ ^

 

今回、正しい髭剃り方法をお伝えしますので、参考にしていただければと思います!

 

 

 

まずは、誤った髭剃り方法について見ていきましょう。

 

誤った髭剃りの仕方

①夜に髭剃りをする

夜に髭剃りをする人は、多いのではないでしょうか?

朝は時間がないため、夜にした方が楽じゃないかと思ってしまいますよね。

 

しかし、夜は肌は疲れており、傷つきやすくなっています。

そのため、夜に髭剃りをすることで、肌への負担が大きくなってしまいます。

②入浴中の髭剃り

①夜に髭剃りをしないという内容と関連していますが、入浴中の髭剃りはしないようにしましょう。

 

入浴中に髭剃りをする人は多いかと思います。

筆者も今までは入浴中に髭剃りをしていました。

 

お風呂の浴槽には、細菌が多く潜んでいます。

夜は、ただでさえ肌が疲れている状態のため、入浴中に髭を剃ってしまうと、肌荒れの原因となってしまいます。

 

また、カミソリを風呂場に置きっぱなしにすることもやめましょう。

風呂場の湿気により、カミソリの刃がもろくなり、肌を傷つける原因となってしまいます。

③シェービングを使わない

カミソリで髭剃りをする人も多いでしょう。

その場合、カミソリの刃が直接肌に当たるため、肌が切れてしまいます。

 

それを防ぐためにシェービングを使う必要があるので、必ずシェービングを使って肌を守りましょう。 

④髭剃り後のスキンケアをしない

髭剃り後は、肌へ大きな負担がかかっています。

髭剃り後のスキンケアをしないと、肌が乾燥しやすくなったり、肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

 

髭剃り後は、化粧水や乳液などで肌をきっちり保湿してあげましょう。

 

以上が、誤った髭剃りの仕方となります。

 

それでは、正しい髭剃り方法をお伝えします。

 

正しい髭剃りの仕方

①朝に髭剃りを行う

朝起床してから出かける前に髭を剃るようにしましょう。

朝は血行が良く、肌のハリがあるため、髭剃りをしても肌を痛めにくいです。

 

朝は時間がなかなか取れないかもしれませんが、肌への負担を考えると、朝に髭剃りをするようにしましょう。

②洗顔をする

時間がない、めんどくさいなどの理由で、洗顔もせずにシェービングの泡をつけてしまってませんか?

いきなりシェービングをしてしまうと、顔の皮脂や汚れがついたままとなってしまいます。

 

顔の皮脂や汚れがついた状態だと、きちんと髭剃りができなくなってしまいます。

そのため、きちんと洗顔をしましょう。

 

【朝、時間がある方は!】

洗顔をしてから、蒸しタオルなど温めたタオルで肌を温めましょう。

そうすることで、髭が水分を含んで柔らかくなり、髭剃りへの肌への負担が更に減ります。

③シェービングをきちんとする

シェービングをせずに髭剃りをしてしまうと、カミソリの刃が直接肌に当たってしまいます。

肌への負担が大きくなってしまい、肌荒れの原因となってしまいます。

 

シェービングをきちんとしましょう!

シェービングをすることで、髭剃り時のカミソリと肌の摩擦が軽減されます。

④毛の流れに沿って剃る

髭剃りをする際には、あまり意識しない部分かもしれません。

しかし、毛の流れに沿って剃らなければ、皮膚までをカミソリで削ってしまう可能性があり、肌を傷つけてしまいます。

 

そのため、きちんと毛の流れに沿って剃ることを心がけましょう。

 

もし、一通り髭剃りが終わって剃り残しがある場合は、逆剃りをして整えましょう。

逆剃りは肌への負担が大きいため、優しく髭剃りをするようにしてください。

そうすることで、肌への負担も軽減することができるでしょう。

⑤洗顔をする

髭剃りが終わったら、肌に付着した髭を落とすためにも、洗顔をしましょう。

髭が肌に付着していたら、せっかく髭剃りしたのに、印象が悪くなりもったいないですよね。

 

肌を引き締めるためにも、冷水で洗顔するのが効果的です。

(筆者は寒がりなので、夏場以外は温水でしています。笑) 

⑥スキンケアを行う

洗顔後は、肌が髭剃りで負担がかかっているため、スキンケアをしましょう。

化粧水と乳液をつけて、肌の保湿をしましょう。

 

以上が肌に優しい髭剃り方法です。

 

それでも、カミソリ負けしてしまう、肌荒れが頻繁におこるという方には、、

 

カミソリから卒業しましょう!

 

筆者もカミソリを学生時代からずっと使ってきたのですが、肌が弱く、肌荒れが頻繁におこっていました。

 

これらの【肌に優しい髭剃り方法】に変えてから、肌荒れは圧倒的にマシになりました!!

しかし、完全に肌荒れがなくなったという訳ではありませんでした。

 

また、シェービングをするのが面倒だなと毎日感じていました。

 

そこで、カミソリから卒業し、電気シェーバーへと変更しました。

なぜ、電気シェーバーに変えたのか!

 

電気シェーバーの良いところ!

①肌に優しい!

カミソリの場合は、髭を剃る刃が直接肌に当たります。

そのため、肌への負担は大きいです。

 

それに対して、電気シェーバーの刃は、外刃・内刃に分かれており、髭を剃る刃(内刃)が直接肌に当たりません。

肌に優しい構造となっているのです。

 

正しく髭剃りをしているのに、カミソリ負けをしている方は、電気シェーバーへ変えて肌への負担を更に減らしましょう。

②剃る時間が短縮できる!

カミソリの場合、髭剃りをするのに、シェービングを使う必要があります。

電気シェーバーの場合、シェービングを使わなくても剃れます。

(正しくは、シェービングをした方が更に肌への負担は軽減できます。)

 

筆者のように朝バタバタしてて、髭剃りの時間を少しでも短縮したい方は、電気シェーバーへ変えるのがいいでしょう。

 

ちなみに筆者は、こちらの電気シェーバーを使用しています。

値段もお手頃で使い勝手もいいので、重宝しています^^

 

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 3枚刃 お風呂剃り可 黒 ES-ST2P-K

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 3枚刃 お風呂剃り可 黒 ES-ST2P-K

 

 

まとめ 

いかがでしょうか。

 

髭剃りは、多くの人にとって毎日行わないといけない作業です。

毎日の作業のため、誤った髭剃りをしていると、その積み重ねで肌をどんどん痛めてしまうこととなります。

 

特に誤った方法で髭剃りをしてしまうのが、髭剃りをするタイミングです。

 

朝はバタバタしていて時間がないから夜に髭剃りをしてしまう。

筆者も朝はめっちゃバタバタしているので、お気持ちは非常にわかります。

 

しかし、夜の肌は1日頑張ってくれたおかげで、疲れており、傷つきやすい状態にあります。

その中で、髭剃りをしてしまうと、肌への負担が大きくなってしまいます。

 

そのため、髭剃りをするタイミングは、朝にしましょう!

朝の肌は、元気のため傷つきにくいです。

 

普段の髭剃りをどうしていたか振り返ってみて、もし髭剃り方法が誤っていた場合は、明日の朝からにでも、早速正しい方法で髭剃りをしましょう。

 

少しの意識の違いだけで、できる方法です!

肌への負担を少しでも減らして、肌荒れがないキレイな肌を目指してみませんか^ ^

 

もし、カミソリ負けをしてしまって肌荒れに悩んでいるって人は、電気シェーバーに変えてみましょう。

カミソリよりも肌への負担が軽減され、繊細な肌をしっかり守ってくれるでしょう。

 

毎日何気なく行っている髭剃り、、

この毎日の髭剃りに少しの意識改革をするだけでも、肌への負担は大きく変わることでしょう\(^o^)/