アラサー男子のユトライフ~”ゆとり”ある人生を目指して~

平凡なアラサー男子が日常の中に潜む"ゆとり"に関連する事柄を綴るブログです^ ^

高校生が教えてくれたこと【高校野球・熱闘甲子園より】

 

こんにちは^^

ユーライです。

 

甲子園で暑い試合が繰り広げられている高校野球!!

全国を暑く盛り上げている大会もいよいよ大詰めを迎えていますね!

 

準決勝が本日の8月20日、そして明日8月21日が決勝戦です!!

どのチームが決勝に進み、最後に全国の栄冠を掴むのでしょうか^^ 

 

筆者も少年だった頃、野球少年であったため、毎年楽しみに見ています。

いつの日か、高校野球で活躍している高校生が自分より年下であったことに大きなショックを受けたことを覚えています。。笑

 

近年、深夜の人気バラエティ番組の取り上げもあり、人気がますます高まっています。

また、熱闘甲子園というテレビ番組では、様々な人間模様のドラマを描いており、ついつい感情移入してしまいますよね。

 

そのため、最近では朝の5時半に満員になるなどの熱狂ぶりです。

今までは、外野席は無料だったのですが、大人500円・子ども100円に改定されました。

 

しかも、今回は第100回というメモリアルな大会ということもあり、非常に熱い大会となっています。

 

毎試合、炎天下の中で勝負に挑んでいる高校生、

心配なのが、ケガや病気にならずにしてほしいですよね。

 

さて、今回はそんな高校野球から高校生が教えてくれたことをまとめてみましたので、よかったらご覧ください。

 

教えてくれたこと

①全力で取り組む!

高校野球が人気を呼んでいる大きな理由として、、

どんなときでも全力で取り組む姿勢ではないかなと思います。

 

どれだけ点差があって、負けていたとしても常に全力疾走で相手に立ち向かっていく姿は胸を暑くさせ、感動を呼びます。

 

そして、全力で取り組んでいるからこそ、奇跡の逆転勝ちを呼び起こしたりするなどのドラマが生まれたりします。

 

プロ野球はプロ野球で魅力があるかと思いますが、高校生らしさであるガッツさであったり、ハツラツとしたプレーが人々の関心を引き付けるのではないでしょうか。

 

②相手を敬う!

高校野球の印象的なシーンとしては、試合後の両チームのあいさつです。

あいさつでは、勝者・敗者共にお互いの健闘を称え合っている姿に清々しさがあります。

これぞ、全力で戦った相手だからこそできることなのかなと思います。

 

また、試合中でも相手に打球が当たった時には、敵味方関係なくアイシングを行うのはなかなかできないことだなと感心しました。

 

③感謝する!

チームメートや家族など、今までに関わってきた人に対して、正直な言葉で感謝を伝えているシーンを見ると、こっちまで感謝したい気持ちにさせられます。

 

特に、家族や監督などが涙を流しながら選手に健闘を称えている姿を見ると、涙が出てきてしまいます。

(筆者は、涙腺が弱いため、すぐに泣いてしまいます。笑)

 

特にテレビ番組の熱闘甲子園は、本当に上手く編集されていて、涙を誘ってきてずるいですよね!笑

 

④ドラマ以上のドラマ

もちろん、日常で見るテレビドラマなども感動します。

しかし、高校生たちが繰り広げる熱い試合の数々には、作られたものは何もなく、ただ目の前の一球一球に食らいついているのです。

 

その結果から生まれたドラマというのは、ドラマ以上の感動を与えてくれるのではないのかなと思います。

 

最後に

この炎天下の中で、全力で試合に挑んでいる高校生には、

ただただ『感動をありがとう』と伝えたいです。

 

高校野球を見るたびに、今年も夏が来たなと感じさせてくれます。

そして、全力で取り組む姿に、自分も何か全力で取り組んでいることはあるか?

とはっとさせられるときがあります。

 

ケガや病気なく、最後までハツラツとしたプレーで頑張ってほしいです!

全力で挑む高校生の姿、青春で素晴らしい!!\(^ ^)/

 

 

今回は、高校野球を取り上げましたが、もちろん高校野球以外のスポーツ・スポーツ以外でも高校生は全力で取り組んでいます。

 

野球以外でも何か取り上げれたらなと思いますので、またそのときはぜひご覧いただければと思います^^