アラサー男子のユトライフ~”ゆとり”ある人生を目指して~

平凡なアラサー男子が日常の中に潜む"ゆとり"に関連する事柄を綴るブログです^ ^

寝違え、、こんなにしんどいのか!

 

 

こんにちは^^

ユーライです。

 

皆様は、寝違えになったことはあるでしょうか?

 

筆者は、寝違えという言葉は聞いたことがあったのですが、今までなったことがなかったのです。

そのため、寝違えと聞いても、ふーんと聞き流す程度でした。

 

それどころか、ずっと『寝違い』だと勘違いしており、最近『寝違え』なのだと気がつきました。笑 

 

しかし、昨年の春に、その寝違えになってしまったのです。。

 

週末のある日、いつもと同じように、朝起きた時は特に違和感なく起床しました。

 

その日は、友人と花見を見る約束をしていたため、外出しました。

その時期は、春真っ只中で、ちょうど花見の見頃のタイミングであったため、非常に人が多くにぎわっていました。

 

桜の風景を堪能しつつ、屋台もあったため、筆者はテンションが上がって、左右に首を動かしながら花見を楽しんでいました。

 

 

しかし、悲劇がすぐにやってきました。

 

 

、、あれ、首が動かない。。。

 

左方向にだけ、全く曲がらない状況になってしまったのです。

そのときは一時期の症状かと思い、心配もせず友人に冗談交じりで、

 

筆者「、、首が動かへんねんけど笑」

 

友人「いや、意味わからへん笑 分かった、動かしたるわ!^^」

 

友人は、悪だくみを思いついたかのような半笑いの顔をして、筆者の頭を持ちました。

そして、無理やり左右に動かしだしたのです。

 

まるで、ニンテンドー64、通称ロクヨンのコントローラーばりに左右前後に動かしてきました。。

(分からない方、すみません。笑)

 

 

すると、、

 

筆者「、、、!!!!」

電気が走るような激痛が身体を襲いました。

 

もはや、痛みを通り越して笑いがこみ上げてくるような状況でした。

 

あまりの痛みのせいで、思わず友人を殴ることころでした。笑

 

 

そうなったら花見どころではなくなり、家電量販店に行きました。

 

なぜ家電量販店かって?

マッサージをしたら治るだろうと思い、マッサージチェアの力を借りたのです!笑

(友人には、本当にしぶしぶ来てもらいましたが笑)

 

これが、裏目に出て逆効果なのだとは当時知らずに、マッサージチェアを30分くらい使用しました。

 

すると、痛気持ちいいくらいの状態までになり、マッサージが終わった後は少し気持ちが楽になりました。

 

まだ、左方向に動かすのは難しかったんですが、次の日には治っているだろうと思っていました。

 

しかし、次の日起きたら、、

 

昨日の花見のときよりも更にひどくなっており、全く左方向に動きませんでした。

そして、首を動かしたときの痛みが尋常じゃないほどの痛みだったのです。

 

これは、まずいなと思った筆者は、現代文明のインターネットを駆使して調べに調べました。

 

そこで、分かったことが、、

今回の原因は、寝違えだったのです。

 

しかも、寝違えのときにマッサージをすることはタブーであったのです。。

 

そして、マッサージのせいかどうなのかは分からないですが、首が曲がらないという日常生活に支障が出たまま、 1週間を過ごしました。。笑

 

その1週間というのは、なかなか地獄でした。。

首を動かすたびに悲鳴を抑えなければならないため、仕事中はいかに首を動かさずに行動するかに集中していました(*_*)

 

そのときの仕事のパフォーマンスというのは、、

言うまでもないですよね。。笑

 

 思い込みで行動するのはよくないな。。

と学んだ寝違い騒動でした。笑

 

皆様も寝違えには気をつけてください。(*_*)

ひどい状態では、日常生活に大きな支障をきたします。。