アラサー男子のユトライフ~”ゆとり”ある人生を目指して~

平凡なアラサー男子が日常の中に潜む"ゆとり"に関連する事柄を綴るブログです^ ^

【現代病】SNS疲れに気をつけましょう!

 

こんにちは^^

ユーライです。

 

SNS疲れという言葉が最近聞かれますよね。

今まででは聞くことのなかった言葉ですが、現代のSNSが普及した情報社会では、今後一般的に使われる言葉かもしれないですね!

 

 

 

 

芸能人のSNS疲れ

blogos.com

 

女優の石田ゆり子さんがインスタグラムの休止をしたことがニュースになり、話題となりましたよね!

 

石田ゆり子さんは、筆者の好きな女優の一人であったため、非常に残念なニュースでした(*_*)

 

っと思ったら、、

 

news.infoseek.co.jp

 

ゆるゆるマイペースで続けてくれることを発表しました!!\(^^)/

インスタグラムの投稿を楽しみにしていた筆者にとっては、ほっとしました!

 

今回の騒動としては、石田ゆり子さんがインスタグラムに投稿した内容をめぐって賛否両論の議論が起こったことなどが原因と言われています。

 

SNSをしている以上、付きまとう批判や賛否両論などの議論による炎上。

特に多くのフォロワーがいる芸能人などの有名人は、そういったことに巻き込まれる可能性があります。

 

それにより、SNS疲れという現象が発生しています。

今回の石田ゆり子さんのニュースもこの現象の一つでしょう。

 

SNSの良さとしては、情報が早く、多くの人に伝達・共有できるところにあります。

しかし、それはときにSNSの悪さとしても作用してしまいます。

 

f:id:yutorilife276:20180909194916j:image

 

皆様はSNS疲れしていませんか?

 

SNS疲れの原因や注意点をまとめてみましたので、思い当たる方は見ていただけたら!

 

SNS疲れの原因

①発信への反応を気にしてしまう

発信する内容が批判を受けるのではないのか、といった不安にかられてしまいます。

特に、実際に過去に批判を受けた経験がある場合は、今後の発信に対して怯えてしまいます。

 

また、自分が発信しても全然反応がない場合も、何がいけなかったのかと考えてしまうことで精神的に疲れてしまいます。

 

②逐一チェックしてしまう

友人や知り合いなど、他の人が何をしているのかを気にして、1日に何度もSNSを確認してしまう。

そして、自分の生活や行動と比較して、不安に陥ってしまうことがあります。

 

他の人が楽しくしている写真を見て、自分は誘われていないなどの疎外感を感じてしまうこともあります。

 

③フォロワー数を気にする

SNSでは、フォロワー数が多いのが一種のステイタスになっている場合があります。

他の人と比較して、自分のフォロワー数は少ないと思い、自分は魅力ではないのかとマイナス思考になってしまう。

 

SNSをやる上での注意点

①他者との比較をしない

フォロワー数や投稿の内容にも言えることですが、他の人と比較をしてしまうと、焦りや不安が生じてしまいます。

そのため、自分は自分であると言い聞かせて、マイペースにSNSを楽しむことが大事です。

 

②SNS中心の生活にならない

SNSは非常に便利で、様々な人と繋がれる現代には欠かせないとも言えるツールです。

しかし、SNSは、24時間365日、休むことのなく、絶えず情報で溢れています。

 

それでも、SNSは疲れることはないのです。

疲れるのはSNSに振り回される人間なのです。

 

SNSで疲れているなと思う人は、あくまで、SNSは生活の便利な一つの道具として考えましょう!

そして、SNS中心の生活になっている人は、”ゆとり”を持ってSNSを使用し、SNSに振り回されることのないようにしましょう^^

 

③目的をもってSNSを楽しむ

SNSというのは、様々な情報で溢れており、最新の情報を即座に入手することができる非常に便利なものです。

そして、今までであったら繋がることのできなかった様々な人と繋がることができます!

 

筆者もSNSのおかげで様々な人と触れ合うことができ、有益な情報も知ることができました^^

 

もし、なんとなくSNSをしている場合は、どういった目的でしているのかを一度考えてみてはいかがでしょうか。

情報収集のためであるとか、人と繋がってみたいとかどんな目的でもいいです。

 

そうすることで、他者に振り回されることなく、マイペースでSNSを楽しむことができるかと思います!

 

④匿名性を悪用しない

SNSでは、意見を気軽に言え、議論も容易にできます。

普段では、恥ずかしさなどで言いにくいこともSNS上では言いやすいので、便利な側面があります。

 

しかし、それがゆえに相手を傷つける言動も容易となってしまいます。

相手を目の前にしたら言えないようなこともSNSという匿名性が悪用されて、誹謗中傷というのが生まれてしまいます。

 

SNSで発信する際も、相手を傷つけないかなという相手を思いやる気持ちを意識することが非常に大切になります。

 

 

いかがでしょうか。

 

SNS疲れの原因とSNSをする上での注意点をまとめてみました!

マイペースに精神的な”ゆとり”をもつことが、SNSを楽しめる大切な要素ではないかなと思います^^

 

筆者も今後ともマイペースにSNSを楽しめたらなと記事を書きながら心に書き留めました^^

 

皆様はSNS疲れせず、楽しめていますか?

楽しめている方は、これからもSNSを有効活用していき、楽しめてないなと思った方は今回の内容をぜひ参考にしてSNSを楽しんでいただけたら\(^^)/