アラサー男子のユトライフ~”ゆとり”ある人生を目指して~

平凡なアラサー男子が日常の中に潜む"ゆとり"に関連する事柄を綴るブログです^ ^

貯金以外で安全にお金を増やす方法~お金はお金を呼ぶんです!~

 

こんにちは^^

ユーライです。

 

空を見上げていると、その日の天気によって気持ちも少し左右される気がします。


カナダでは、晴れの日が少なく、多くの日がどんよりとした曇り空であることからうつになる人が多いようです。


最近嫌なことがあった人は、秋晴れの空を眺めてみると気分が少し晴れやかになることでしょう。


筆者も仕事で嫌なことがあった日は、仕事の帰り道の夕日を見て嫌なことを忘れようとしています。


そんなとき、お金が降ってこないかなぁなんて毎日空を見上げています。笑


今回は、誰もが気にせずにはいられないお金にまつわる話です。

f:id:yutorilife276:20181114163025j:image


誰もがお金を持っていても困ることはないでしょう。

(もし困る人がいたらぜひ筆者に恵んでいただきたいものです。笑)

 

お金の中でも、貯金以外で貯める方法を紹介したいと思います。

 

 

はじめに

皆様は普段使わないお金をどのようにしていますでしょうか。


一般的には、普段出し入れする銀行にお金を預けている人が多いのではないでしょうか。


銀行にお金を預けていれば、泥棒に入られることもなく、街中のATMにて安心して預けたり、引き出したりすることができます。

 

しかし、お金を貯めるというところでは、少し疑問が出てしまうかもしれません。


銀行というのは、確かに安心してお金を預金することに関しては疑いのないところですが、お金を貯める力というのは弱いです。


現在の銀行の普通預金の利率は、0.001%です!!

※ここでいう銀行は、メガバンクなどの都市銀行を指します。


この数字だけ言われても、いったいどれくらいの利率なのかイメージが湧きにくいかと思います。


例えば、100万円を1年間預金していた場合、もらえる利息は100万円×0.001%=10円です。


正確には、税金で引かれてしまうため、10円にも満たない金額になります。


、、もはやないのと同じですよね。笑


これでは、必死に銀行にお金を預けていても増えることは全然期待できません。


そこで、銀行の普通預金以外でお金を貯める方法をローリスクな方法とハイリスクな方法別でお伝えしたいと思います。


今回は、ローリスク編です。


お金を貯めたいと思うのは、当然皆さんが思うところ!


しかし、貯める方法によっては、多少のリスクを背負う必要があります。


お金を貯めようと思ったのに、かえってお金が減ってしまうのは嫌だ。


そんな風に思っている方は、ローリスク(お金が減る危険性は低い)な方法で貯めてみましょう。

 

ただ、ローリスクな方法のため、お金を増やすと言っても倍に増えたりする訳ではないです。

今回の方法は、毎日何かしなければならないという訳ではなく、お金をどこに預けるかというところに注目して紹介していきます。

 

毎日コツコツとお金を貯めることによって、普段の生活に”ゆとり”を作っていきましょう!

 

f:id:yutorilife276:20181114163045j:image

 

①定期預金

定期預金とは、お金を預ける期間を一定期間設ける預金を指します。

決められた年数は、お金を預け続ける必要があります。

 

そのため、普通預金と比べて自由に出し入れすることはできません。


ただ、銀行にお金を預けるという意味では、普通預金と非常に近いものがあります。


普通預金との大きな違いは、預金の利率が高くなっており、ゆうちょ銀行の場合、0.01%となっています。

 

それでは、定期預金にするメリットを見ていきたいと思います。

定期預金のメリット

・利率が少し良い

普通預金に比べると、利率が高いため、お金を増やす力は強くなります。

ただ、あくまで普通預金に比べるとなので、あまり利率の良さを体感することはないでしょう。

 

・元本保証されている

元本が保証されているため、お金が減るリスクはないと言ってもいいでしょう。

そのため、お金をコツコツと貯めていきたいと思っている人は、定期預金にするのが安心でしょう。

定期預金のデメリット

・引き出しの自由性が低い

定期預金をする際に、一定期間の預ける期間を決めて、預けます。

そのため、決めた期間内では預金を引き出すことはできません。

 

生活資金を切り崩してまで、定期預金にお金を預けてしまうと、生活に困ってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

 

貯金以外でお金を貯める方法の一つとして、定期預金を紹介しましたが、いかがでしょうか。

いやいや、それでは普通預金に預けるのとたいして変わらない!!

と不満に思っている人へは、ネット預金を紹介します。

 

ネット預金は、定期預金のメリットも含みつつ、デメリットも解消してくれます。

 

②ネット預金

最近では、ネット銀行を開設している人も多いのではないでしょうか。

ネット銀行でお金を預ける理由は、利率の良さが挙げられます。


銀行にもよりますが、ネット銀行では、普通預金で預けていても0.1%になります。

先ほどの定期預金が0.01%と比べてみても、10倍の利率となります。


なおかつ、普通預金のため、自由にお金を引き出すことができます。


インターネットでお金を管理するなんて危ない、怖いって思われる方もいるかもしれません。

そういった方は、慎重になられるかもしれませんね。


しかし、情報化社会となった現在、ネット銀行を一つは持っているというのが当たり前になってきつつあります。

 

筆者も以前までは、ネット銀行は怖いなって思っていた人の一人でした。

しかし、今では、ネット銀行を2つ持っています。

 

利率が0.1%のため、お金をコツコツと貯めるために、一定の金額をネット銀行に預けています。

 

ネット銀行は、振り込み手数料が一定回数無料であるなど、利率が高い以外の部分でメリットがあるため、迷っている方はぜひ一つは持ってみてはいかがでしょうか。

 

③外貨預金

外貨預金は、あまりなじみがないかもしれません。

外貨預金というのは、海外のどこかの国の通貨に換金した状態でお金を預けることを指します。


外貨預金の良いところは、利率が非常に良いところにあります。


利率が高い国は、オーストラリアやニュージーランドなどが挙げられます。

新興国も利率が高い傾向にあります。


また、近年では、アメリカの利率も高くなってきたため、日本円からドルに替えるなんて人も周りでは聞きます。


先ほどお伝えしたとおり、日本の預金では利息はネット銀行の預金でさえも0.1%となっております。


利率の高い国では、利率が1.0%前後となっているため、10倍の差となります。

そのため、外貨預金に預けておいたほうが利息は確実に増えます。


ただ、外貨預金の不安要素としては、その国の経済が悪い方向に傾いたときにお金が減る可能性があります。


例えば、2012年ごろに日本円120万円分をドルに両替し、外貨預金に預けていたとします。


当時は、1ドル=120円前後でした。


そのため、1万ドルを預金していることとなります。


数年後、、


2014年ごろに外貨預金を日本円に変えようとします。


そのころ、リーマンショックによりアメリカの経済は冷え切っていました。

(日本もそうだったのですが。。)


1ドル=80円となっており、日本円からドルに替えたときの状況と大きく変わっています。


1万ドルの預金を日本円に替えようとするといくらになるでしょうか。


なんと、80万円となるのです!!


預けた当初は、120万円だったので、40万円が消えてしまったことになります。


せっかくお金を貯めるつもりで行った外貨預金だったのに、いざしてみると減ってしまった。。


なんてことが国の経済事情などで起こってしまうこともあります。


当然、逆にお金が増えたなんてこともあり得ます。


国の経済事情などを考慮するというのが外貨預金をする際に注意したいところではあります。

 

まとめ

メガバンクなどの一般的な銀行では、お金を貯めるというよりはただ預けているだけというのが実情でしょう。

 

しかし、お金というのは、利息という力でお金を呼ぶパワーがあるのです。

もし使わない予定のお金があるのなら、貯金以外の方法でお金を貯めてみましょう。


貯金以外でお金を貯める方法では、3点お伝えしました。


1つ目の方法としては、定期預金。

 

・お金を増やしたいけど、お金が減るリスクは犯したくない
・将来のためにコツコツとお金を貯めたい

 

と思っている人におすすめです。


定期預金をいったんすると、預けたお金は引き出せないため注意が必要です。


先の見通しを考えてみて


例えば、結婚式の費用のために2年後にお金が必要だということが分かっているのであれば、2年の定期預金をしてみる。


といったように確定的な計画に向けてお金を貯めるのが望ましいでしょう。


何年後にいくら貯めたいという明確な計画がある人は、ぜひ定期預金を活用してみてはいかがでしょうか。

 

2つ目の方法としては、ネット銀行。


ネット銀行は、定期預金よりも利率が高いです。


また、自由にお金を出し入れできるため、定期預金みたいにお金の出し入れが自由にできないという不自由さは感じないでしょう。


・特にいつお金が必要なのかがはっきりしない人

・毎日コツコツと貯めてみたい人

・ネット銀行にお金を預けるのに抵抗がない人

 

そんな人は、ネット銀行にお金を預けて、お金を貯めてみてはいかがでしょうか。

 

3つ目の方法としては、外貨預金。


外貨預金の魅力としては、ネット銀行と同様、それ以上に利率が高いです。


もちろん、預ける国によって利息は異なりますが、ほとんどの国が日本よりも高い利息となっています。


そのため、外貨預金をすることによって利息分のお金を貯めることができます。


ただ、外貨預金で気をつけてただきたい点は、通貨の価値の下落。


新興国などの情勢が不安定な国の通貨は、価値が安定しない傾向にあります。


国ごとの情勢を考慮して、通貨が安定しそうな国に預けるのが望ましいでしょう。


せっかく預けたのに、返ってくるお金が減ってしまった。。なんてことがないように注意が必要ですね。

 

いかがでしょうか。

 

都市銀行の普通預金の利息が0.001%であるのが現状の日本社会。


その中で、貯金以外でお金を増やす方法を紹介いたしました。

もちろん、お金が爆発的に増える訳ではありませんが、お金を預ける場所を変えることで、利息分のお金がコツコツと増えます。


ご自身の性格やライフプランなどに合わせて、お金を貯めてみましょう!

 

あー、お金が空から降ってこないかな\(^o^)/笑