アラサー男子のユトライフ~”ゆとり”人生を目指して~

平凡なアラサー男子が日常の中に潜む"ゆとり"に関連する事柄を綴るブログです^ ^

【風邪を早く治す方法5選!!】冬の時期や季節の変わり目の体調ケアは早めに!

 

どーも^ ^
ユーライです!\(^o^)/
@yutorilife276

 

『ゴホン、ゴホン!』

『鼻水が止まらない。。』

 

風邪を引くと、咳が出たり、鼻水が出たり、のどが痛くなるなど、身体の様々な箇所で症状がでます。

風邪を引くとツラいですよね。。

 

今回は、風邪っぽいなと思った時や風邪を引いてしまったときに身体を風邪から守る対処方法についてお伝えしたいと思います。

 

風邪っぽいなと思った時にきちんと対処することで、治りも早くなります。

『大事な予定が体調不良によってキャンセルしなければならない。。』

なんてことにならないように、特に冬の時期や季節の変わり目の体調ケアは早めにしておきましょう!

 

 

はじめに

冬の時期や季節の変わり目は、風邪を引きやすい時期となっています。

 

冬の場合、空気が乾燥していたり、寒さによって免疫力が落ちてしまいます。

季節の変わり目は、日夜の温度差などによって身体に負担がかかりやすく体調が崩しやすいです。

 

筆者の職場でも風邪をひいている人が多く、冬の時期は風邪が流行る傾向にあります。

 

風邪を引いても休めない用事があるときには、特に神経質になりますよね。

風邪を引いてしまい、熱が出た後では、なかなか日常生活で生活を改善しても手遅れです。

f:id:yutorilife276:20181201134624j:image

『あれ、のどがイガイガする。』

『頭がぼーっとしてしんどい。』


など、風邪を引きそうだなと思ったタイミングで早めに手を打つ必要があります。

 

・のどが痛い

・鼻水が出る

・咳が出る

・頭が痛い

 

などの症状があれば、風邪の初期症状であることを疑いましょう。

 

風邪を引きかけているときは、身体が弱っている可能性が高いです。

そこで今回は、風邪を引きそうな時や風邪を引いてしまったときに早く治す方法を5つお伝えします。

 

風邪っぽい時の対策

①十分な休息

f:id:yutorilife276:20181201134806j:image

風邪っぽいなと思ったときは、身体が疲れている証拠です。

しっかりと睡眠をとることによって、身体の体力を回復させましょう。

 

睡眠をとるときは、寝る時間にも注意しましょう!

夜遅い時間まで起きていると身体は消耗していきます。

そのため、早く寝るように心がけましょう。

夜更かしは厳禁です!

 

また、夜更かし以外にも、昼寝に注意が必要です。

身体に休息を与えるのを必要ですが、昼寝をしすぎると夜に寝るときに寝つけが悪くなってしまう可能性があります。

そうなると、睡眠の質が下がり、身体を十分に休めることができなくなってしまいます。

②温かい食べ物を食べる

f:id:yutorilife276:20181201134826j:image

おかゆやうどんなど、体を温め消化のよい食事を摂りましょう。

個人的には、おかゆはあまり好きではないので、風邪っぽいなと思ったらうどんを食べています。笑

 

うどんの中に卵やワカメなどを入れると、しっかりと栄養が取れるのでおススメです!

 

風邪を引いているときには、身体をしっかりと温めること。

身体を温めると免疫力が高まり風邪の回復を早めます。

 

また、身体が弱っている状況では胃腸も弱っています。

そのため、消化にいい温かい食べ物を食べるようにしましょう!

くれぐれも脂っこい食べ物を食べるなんてことしないようにしないでくださいね。

③うがい・手洗いをする

f:id:yutorilife276:20181201134834j:image

うがい・手洗いは、風邪っぽくなくても日常的にするようにしましょう。

うがい・手洗いによって、手やのどについた菌をやっつけることができるため、風邪予防にもなります。

 

普段のうがいは、水でも十分に菌をやっつけることができます。

そのため、普段は、水でのうがいで問題ないかと思います。

筆者の場合、普段は水でのうがいをし、のどがイガイガするなと思った時には、イソジンを水に含ませてうがいをするようにしています。

 

風邪予防に基本中の基本の内容ですが、風邪っぽいなと思ったときにもしっかりするようにしましょう!

④こまめな水分補給

f:id:yutorilife276:20181201134859j:image

『風邪を引いた時には、汗をいっぱいかきなさい!』

なんて言われたことありませんでしょうか。

 

確かに、風邪を引いたときに汗をかくことありますよね。

それは、身体が免疫力を高めるために体温を上げているからなのです。

そのため、風邪を引いたときは汗をかきやすいため、脱水症状にならないためにもこまめな水分補給をする必要があります。

 

水分補給する際には、身体を冷やさないように冷たい飲み物はできる限り飲まないように注意しましょう。

常温のスポーツドリンクやホットレモン、ゆずティーなどがおススメです。

 

くれぐれも炭酸ジュースやお酒は飲まないようにしましょう。

のど・胃腸へ負担をかけてしまうことになり、風邪が本格化してしまう危険性があります。

⑤ビタミンCを摂取する

f:id:yutorilife276:20181201134941j:image

風邪の元となるウィルスや菌をやっつけるためには、栄養をきちんと摂取することが大切になります。

その中でも、風邪に有効と言われているのがビタミンCです。

 

筆者もビタミンCが風邪予防に有効であると聞いてから、ビタミンCを意識的に摂るようにしています。

ビタミンCを日常的に手軽に摂る方法はないかなと考えたところ、一つの商品を見つけました!!

 

それが、C1000!!

C1000 ビタミンレモン 140ml×30本 ハウス ウェルネスフーズ

C1000 ビタミンレモン 140ml×30本 ハウス ウェルネスフーズ

 

昨年からほぼ毎日1本飲んでいます!

 

そのおかげかは分かりませんが、昨年から風邪を引く回数が減りました。

それまでは、毎月のように風邪を引いていたのも問題だったのですが。笑

 

風邪を引いたときにはビタミンCを摂取すると、治りも早くなるかもしれません。

また、ビタミンCだけでなく、バランスの良い食事を心がけてきっちり栄養を摂るようにしましょう。

 

風邪を引くということは、身体が弱っていて免疫力が衰えているのです。

免疫力を上げるためには、しっかりと栄養を摂る必要があります。

まとめ

いかがでしょうか。

 

季節の変わり目や冬の時期は、寒暖差が大きくなったり、気温が下がってきたり、身体への負担も大きくなる季節です。

 

風邪っぽいなと思ったときにしっかりと対処することが大切です。

本格的に風邪を引いてしまうと、寝込んでしまうなど治りも遅くなってしまいます。

 

風邪の引きかけ時には、まずはしっかりと睡眠をとるなど十分な休息を取りましょう。

そして、身体を温めるために、温かくて消化の良い食べ物を食べ、身体を温めましょう。

身体を温めることで、免疫力が上がり、風邪の元である菌やウィルスをやっつけてくれます。

 

また、免疫力を上げるためにはビタミンCの存在も忘れてはいけません。

弱った身体を助けるためにもビタミンCを摂って免疫力を上げましょう。

 

そして、風邪予防のためには必須の行動といえば!

日頃からうがい・手洗いをして日常的な風邪予防を心がけるようにしましょう。

 

冬の時期になると、風邪を引いてしまうと長引きやすくなる傾向にあります。

風邪を引きやすい時期ですが、年末から年始にかけては忘年会・新年会などの予定も増えていくかと思います。

 

『大事な予定を体調不良によって行けなくなってしまった。。』

なんてことにならないように!

 

寒い季節でも元気で過ごせるように、しっかりと体調を整える過ごし方をしていきたいですね\(^o^)/