アラサー男子のユトライフ~”ゆとり”ある人生を目指して~

平凡なアラサー男子が日常の中に潜む"ゆとり"に関連する事柄を綴るブログです^ ^

グラニュー糖と砂糖の違いとは?一緒のようで違うが、代用できるの?

 

どーも^ ^
ユーライです!\(^o^)/
@yutorilife276) 

 

今回は、知っているようで知らなかった日常の身近なお話です。

 

料理を作る際に調味料の一つとして使われる砂糖!

その砂糖についてひょんなことから知った知識を皆様にお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

はじめに

筆者は、仕事の昼休みになるとよくコーヒーを買いにコンビニへ行きます。

午後のデスクワークの際に非常に眠気に襲われるため、その予防策です!笑

 

最近のコンビニのコーヒーはその場で豆を挽くため、市販のコーヒーよりも美味しい気がします!

筆者は舌がお子ちゃまなので、ブラックコーヒーは飲めません。

そのため、コーヒーに砂糖とコーヒーフレッシュを入れて甘さを足しています。

 

いつものように、コーヒーに砂糖を入れようとしたときです。

ふと、砂糖の袋を見てみると、原材料のところに

【グラニュー糖〇g】

と記載されていました。

 

『あれ、砂糖とグラニュー糖って何が違ったっけ?』

『そもそも、コーヒーに入れていたものは砂糖じゃなかったのか!』

 

なんて疑問が浮かんできました。

f:id:yutorilife276:20190119155927p:image

そこから色々調べてみると、砂糖とグラニュー糖は一緒のようで異なる!ということが分かりました。

 

その内容をまとめてみたので、良かったらご覧ください!\(^o^)/

 

砂糖・グラニュー糖の区別

f:id:yutorilife276:20190119153652j:image

砂糖

砂糖とは、製造の最終工程で転化糖を加えたものを指します。

一般的には上白糖と呼ばれています。

グラニュー糖

グラニュー糖とは、原料糖を精製して作られる砂糖のことを指します。

濃縮ショ糖を粒状に結晶させたものとなっています。

 

砂糖とグラニュー糖は、ざっくり言うと、このように分類分けされています。

しかし、これだけの説明ではどのような違いがあるのかなかなかイメージが湧きにくいですよね( ;∀;)

 

それでは、それぞれの特徴について見ていきましょう!

 

甘さやコクなどの違い

砂糖の特徴

砂糖の粒は、細かくしっとりしています。

料理に使われることが多く、煮物などを作る際にも重宝されます。

味は、コクがあります。

グラニュー糖の特徴

グラニュー糖の粒は、粗くてさらさらしています。

飲み物に入れるものとして使われることが多いです。

味はあっさりとしています。

 

砂糖とグラニュー糖の特徴は、対照的と言えます。

それぞれの使い分けや用途はどうなっているのでしょうか?

 

使い分け・用途

砂糖とグラニュー糖は特徴こそ違いますが、甘みを生み出すところは共通しています。

しかし、それぞれの特徴を生かした使われ方がされています。

煮物などの料理には

f:id:yutorilife276:20190119153610j:image

基本的には、砂糖は料理の際の調味料などに使われることが多いです。

特に、煮物などの料理にはコクが引き立たせるために砂糖は重宝されます。

コーヒーや紅茶などの飲み物には

f:id:yutorilife276:20190119153615j:image

砂糖が料理に使われることが多いのに対してグラニュー糖はどうでしょうか。

 

グラニュー糖は、コーヒーや紅茶などの飲み物に使われることが多いです。

グラニュー糖はあっさりとしていて飲み物の風味を損なわないようにできています。

 

砂糖とグラニュー糖はそれぞれの特徴に合わせた使われ方がされています。 

そこで、一つの疑問が!

砂糖とグラニュー糖はそれぞれを代用することは可能なのでしょうか。

 

代用することは可能?

砂糖とグラニュー糖は、それぞれ代用しても問題ないのでしょうか?

 

『砂糖はあるけど、グラニュー糖がない。。』

又は

『グラニュー糖はあるけど、砂糖がない。。』

という状況は、日頃からあり得る話ですよね。

 

基本的にそれぞれの用途に応じて、砂糖とグラニュー糖は作られています。

しかし、代用することは可能です!


例えば、ケーキなどを作る際に砂糖の代わりにグラニュー糖を使うことができます。

その場合、甘さ控えめのケーキが出来上がります。

甘さを控えたいなと思うときにはむしろグラニュー糖が好ましいのです。

 

逆にグラニュー糖代わりに砂糖を使うとします。

その場合、甘めが強めの飲み物を作ることができます。

甘さを求めているときには、砂糖が好ましくなります。

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

砂糖とグラニュー糖の違いについてまとめてみました。

一緒のようで異なる特徴を持っている2つの糖。

それぞれの特徴を生かした使われ方となっています。

 

砂糖は、料理の際の調味料として使われることが多く、グラニュー糖は飲み物に入れられることが多いです。

 

ただ、砂糖とグラニュー糖は、甘さの種類が違うというのではありません。

そのため、それぞれを代用しても全然問題ありません。

むしろ海外では、グラニュー糖が一般的に使われています。

 

砂糖とグラニュー糖の違いについてまとめてみました!

 

知っているようで知らなかった日常の疑問。

今後も日常の些細な疑問についても触れていきたいと思います\(^^)/