アラサー男子のユトライフ~”ゆとり”人生を目指して~

平凡なアラサー男子が日常の中に潜む"ゆとり"に関連する事柄を綴るブログです^ ^

【大塚家具の今後の展開】父との和解により経営不振脱却を目指す女帝。気になる業務提携と株価はどうなる!?

 

どーも^ ^
ユーライです!\(^o^)/
@yutorilife276

 

経営不振が続く大塚家具に大きな動きがありました!

なんと、長年揉めていた父との和解が進んでいるとのことみたいです( ゚Д゚)

 

株主として

株価下落で大損かつ塩漬け状態

筆者は、大塚家具の株主であるため、この動向に非常に注目しています!!

まあ、300株しかもっていないのですが。笑

しかも、圧倒的に負けている・・・。( ;∀;)

 

恥ずかしながら、筆者の負けっぷりを自戒を込めてさらします笑

f:id:yutorilife276:20190501223522j:image

f:id:yutorilife276:20190501223525j:image

 

、、、資金10万円ちょいに対してマイナス4万円って( ゚Д゚)

マズいと思いながら今に至ります。

いわゆる塩漬け状態です。笑

 

筆者の負けっぷりを実感していただいたところで、今回の動向について見ていきましょう!!

それでは、どうぞ!!\(^o^)/

 

大塚家具の今までの動向

お家騒動にて転落

大手家具メーカーである大塚家具。

歴史ある大手家具会社ですが、、、

現社長である大塚久美子社長と父である勝久氏との確執というお家騒動は世間の注目を大きく集めました。

 

経営権に敗れた父である勝久氏は、大塚家具を追われ、現在は別の家具店『匠大塚』の会長を務めています。

 

経営権に勝利した久美子社長でしたが、経営不振から脱却できないまま何年も月日が流れてしまっていました。

赤字続きが長引き、もはや倒産するのではないかという声さえささやかれていました。

 

このときの筆者の心境と言ったら、ドキドキものでした( ゚Д゚)笑

なんて言ったって、持ち株が紙切れとなってしまいますからね。笑

 

しかし、先日ほっとするようなニュースが飛び込んできました。!

それが久美子社長と父勝久氏との和解!!!\(^o^)/

 

4年ぶりの和解へ

f:id:yutorilife276:20190501224104j:image

先日のニュースで、4年ほどの空白期間を経て、久美子社長が勝久氏に和解を申し出ていることが報道されました!

新大塚の設立か

久美子社長は、伝統職人の匠の技を用いた家具のこだわりを広めるための団体を設立予定であると言われています。

父である勝久氏にその団体の役職についてくれるよう打診する予定だそうです。

そこから、父との和解を考えているとのことです。

 

この報道では、父勝久氏は久美子社長から何も聞いていないと記者に答えているので、この先和解に向かうのかはたまた決裂してしまうのかは分かりません。

大塚家具の不振を象徴

f:id:yutorilife276:20190501224114j:image

ただ、お家騒動から4年という月日が経った今、初めて父勝久氏に和解を求める方針を固めているため、久美子社長の決意はとてつもないものであることでしょう!

 

裏を返すと、あれだけ揉めていた父勝久氏に和解を求めるということは、、、

大塚家具の経営不振はもう待ったなしにまで追い込まれているのかもしれません。。。

 

和解報道に対する父勝久氏の反応

今回の和解報道を受けて、父勝久氏は

『親子なので仲直りしたいと思っている。』

と発言しています。

 

やはり、一父娘の関係。

一度は大きな亀裂が入った二人ですが、現在の関係性を良くは思っていないのは当然かもしれません。

 

この発言からは、和解する可能性の方が高いのではないかと見えます。

しかし、一方でこんな発言もしています。

『大塚家具の立て直しを頑張って欲しい。』

 

父娘との関係性は修復したい思いがある一方で、ビジネスとなれば話は別であると言わんばかり。

やはり、一度大塚家具から追われた身としては、再び大塚家具と協力する気持ちにはなれないかもしれません。

このことから考えると、大塚家具との業務提携は考えにくいでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。

お家騒動があったのは、4年前。

月日は流れましたが、大塚久美子社長と父勝久氏はお互いに歩む意志を全く示しませんでした。

しかし、今回の和解報道では、久美子社長が父勝久氏に和解を提案していると言われています。

 

この報道により、大塚家具の株価にプラスの影響をもたらしてくれるのではないかと期待しています!\(^o^)/笑

さあ、大塚家具を辛抱して持っていた甲斐があったと言える日はいつ来るのか!

 

大塚家具の経営破綻という不安から少し解放されそうです( ゚Д゚)笑